読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うろうろネンド

うろうろして見たり思ったことをつぶやきます

クロアチア・スロベニアをうろうろ(10)2016/6/17(金)ポストイナ鍾乳洞その1

海外編

こんばんは、ねんどです。

前回に引き続き、新婚旅行のことを書きます。

スロベニアの首都リュブリャナから、バスに乗ってポストイナのバスセンターまでやってきたねんど達。ポストイナ鍾乳洞に向かいます。

バスセンターに着いたはいいのですが、どっちに向かえばいいのやら、なぜか窓口は閉まってました。たぶんこっちが近道なんじゃないないかという方向に向かおうとするけれど、確信が持てずにいました。

すると、「ポストイナはどっちですか?」と女性から話しかけられました。たぶんこっちだと思うけど、確信がもてないということが言いたかったけど、口から出たのは「Sorry. I don't know」I'm not sureとか「私も探しているとか」とか言いようがあったはずなのに語彙の貧困さがここでもでました。女性はそうですか。。的な感じで連れの人達と去っていきました。

バスセンターに残されるねんど達。ここは大きな道に出た方がいいと、歩くとTourist Informationを発見。ここで聞けばいいよねと中に入りました。

Tourlist Imformationにて

旅行会社のようで、カウンターの前にはツアーなどのパンフレットや絵葉書。

窓口には、はきはきした感じの女性がいました。ポストイナ鍾乳洞はどこかと聞くと、丁寧に教えてくれて、チケットはここで買うと安くなると言います。
オーディオガイドは必要?言語は何?日本語もあるはずだから、窓口で言ってね。
購入するとバウチャー券を渡してくれました。

洞窟城というのをガイドブックなどで見ていて、気になっていました。鍾乳洞を見て、疲れてなかったら行こうかと話してたので、洞窟城にもし行きたくなったら、どうやったら行けるか聞いてみました。タクシーしかないけど、なかなか見つからないから、必要ならここに戻ってらっしゃいと、近辺の地図をくれました。

ねんど達は地図を手に入れた!地図があると、すごく心強いもんですね。

ポストイナへの道中

 教えてもらった方へ歩いていると、ポストイナ鍾乳洞がテーマの壁画がありました。JAMAというのがCAVEの意味みたいです。この道で、あってそうです。

f:id:urouro_nendo:20160713221940j:plain

 さらに進んでいると看板も出てきて、間違いないね~と話しながら歩いていました。前の方に他の観光客も・・・と思ったら、先ほど道を聞いてきた人たちでした。

向こうもこちらに気付きました。3人組で、女性はあまり話さなかったのですが、ブラジルのユニフォームを着た男性と、おばあちゃん。男性「道分かったんだね~」ねんど達「地図を手に入れたんだよ」「こっちみたいだね~、城は遠いみたいだね~」などと話しながら、向かいます。

おばあさんはイスラエルから来たと言っていて、日本から来たというと「日本行ったことあるわ。ネコ~」とゆっくりゆっくり話します。おばあちゃん、日本で日本語を教えてもらったのかなと思い、「Yes, ネコ is cat!!」って言ったら、それに続く言葉。「Kyoto」あ、猫じゃなくて、日光だったんですね・・・

少し話すと、歩くスピードが合わなかったのか、「私はゆっくり行くから先に行っていいわ」と言うので、おばあさんとは別れました。

ブラジルのユニフォームを着ていた男性とは、旦那さんが少し話していたのですが、てっきりブラジル人かと思いきや、ポルトガル人だったそうで、なんでブラジルのユニフォームを着ているのか言っていたそうですが、忘れちゃったそうな・・・

ポストイナ鍾乳洞到着!

f:id:urouro_nendo:20160713223618j:plain

 そうこうしていると、ポストイナ鍾乳洞の入り口に到着しました。

 立派なカタツムリもいました。

f:id:urouro_nendo:20160713223807j:plain

ここに来るまでそんなにたくさん人に会わなかったのですが、 窓口に行くと、行列でした。どうやらみんな団体バスや車で来ているみたいです。先ほどの旅行会社で購入したバウチャー券を出して、チケットと交換します。

洞窟内はすごくい広いので途中までトロッコ列車に乗って行けるんですが、そのトロッコに乗るのは全プランついているみたいです。他にも洞窟城とセットなどいくつかプランがあるようでした。洞窟城はまだ行くか決めていなので、他は購入しませんでした。入場できる時間は決まっていて、この時は11時半すぎ、一番近い12時の回にしました。

日本語のオーディオガイドも受けとり、レストラン、お土産屋を抜けて、入口に向かいます。

f:id:urouro_nendo:20160715002706j:plain

人が少ないタイミングでパシャリ。f:id:urouro_nendo:20160715002858j:plain

この前で記念写真を頼まれて撮ってあげたのですが、代わりにねんど達も撮ってもらいました。「May I?」と行って、ねんど達のカメラを受け取った陽気なおじさんは、アングル違いで何ポーズが撮ってくれました。今度から人に撮ってあげる時はいろんな角度で撮ってあげるのがいいのかもしれないと、この人をみて思いました。ノリがいい人でした。

 鍾乳洞入口では、たくさんの人たちが入場開始を待っていました。

f:id:urouro_nendo:20160715003442j:plain

やっときた~ 

いよいよ次回ポストイナ鍾乳洞に突入です。

うろうろねんどの旅は続く!